せんしゅうたまねぎ|大阪府

泉州たまねぎ

水分が多く、柔らかいのが特徴。昔なつかしい、優しい伝統の甘み

概要

栽培のルーツは明治時代。アメリカから伝えられ、次いで泉州では明治18年から栽培がはじまり、最盛期にあたる昭和35年頃には約4,000haまで栽培面積が増加し、日本指折りの玉ねぎ産地であった。今では収穫量こそ輸入ものにシェアを譲ったが、水稲の裏作用として重要な役割を担っている。水分が多く、甘みがあり柔らかい、昔なつかしい味が泉州たまねぎの特徴。この伝統の味を守り続けていこうとする向きもあり、今後ますます期待が高まる食材だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大阪府東大阪堺・泉南富田林・河内長野箕面・豊中・高槻大阪梅田・新大阪大阪ベイエリア心斎橋・難波・天王寺
5月 6月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP