きょううど|京都府

京うど

農家の知恵と工夫で江戸時代に生まれた京の伝統野菜のひとつ

概要

うどは、大昔から日本原産の野菜として各地に自生していたと思われる。京都では、江戸時代に現在の伏見区桃山の城下で、地元農家の工夫により在来種が栽培されるようになり、現在も伝統野菜のひとつに数えられる。しかし、都市化等により栽培する面積が減少し、現在では亀岡市及び京都市伏見区桃山地区で数戸の農家が栽培を続けているのみとなっている。丹波においては、わら小屋の中で醸熱材料を使って冬期に軟白して出荷するが、桃山は3月中下旬に根株の上に高さ60cm程度のまんじゅう型の盛土をして軟化させ、春に収穫する。

PAGE TOP