だいこん|京都府

だいこん

「辛味だいこん」は栽培量はわずかながら最高の薬味として人気

概要

京都で栽培される大根には、「茎だいこん」、「辛味だいこん」、「桃山だいこん」、などがある。茎だいこんは、秋だいこんの一種で、茎と葉もともに漬けた漬物として用いる。辛味だいこんは京都市北区鷹ヶ峰原産で、元禄の頃から栽培されていたといわれる。根、茎とも小かぶに酷似している大根。根は強い辛味を有し、そばの薬味として、つゆを薄めず、濁らせず最高の薬味として用いられるが、現在では、京都市内でわずかに栽培され、市内の料亭などで使用されているのみ。桃山だいこんは、現在では種子保存用の栽培のみとなっている。

PAGE TOP