きょうとふのはも|京都府

京都府のはも

「麦わらダコに祭りはも」、京都の夏を彩る代表食材

概要

京都の夏を彩る祇園祭。その祇園祭は別名、「ハモ祭」と呼ばれるほど、祭りに欠かせない魚が「はも」。京都には「麦わらダコに祭りはも」という言い方が残っているが、輸送や保存の手段が限られていた時代には、内陸の京都へ生きたまま入ってくる魚介類は、麦の穂が色づくころのタコと、祇園祭のころのはもくらいのものだったため。今は高級な食材といわれるが、昔は、大阪湾や瀬戸内海でたくさん獲れ、日常のごくありふれたおかずだったそうだ。

PAGE TOP