きょうせり|京都府

京せり

京都のせり栽培は、838年の「続日本後記」にも記されたもの

概要

京都でのせり栽培は、承和5年(838)の文献に記載されているように大変古い歴史を持つ。現在のような湧水栽培が行われたのは約300年前と言われる。栽培は、2月中旬~3月中旬に前年から栽培しているせりを苗床に植え替え、9月~10月に掘り上げてあぜなどに積み、こも等をかぶせて発根苗を得て、整地した水田に散布する。収穫は 10月下旬~翌春4月上旬。現在は、南区や宇治市で栽培され、浸し物や和え物、すき焼、かす汁などに用いられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 京都府京都伏見・山科嵐山・高雄祇園・東山貴船・鞍馬・大原京都御所・西陣・北野京都駅・河原町宇治亀岡・丹波・福知山舞鶴・宮津・京丹後長岡京・八幡京田辺・木津川
1月 2月 3月 4月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP