たんごさんこしひかり|京都府

丹後産コシヒカリ

恵まれた気候風土、豊かな水系が食味の高い米を作り出す

概要

京都府といえば、”京都米”が知られているが、府内北部にある丹後地方では、また違った環境で米作りが行われており、昼夜の寒暖差の大きい気候と、ブナの自然林を有する山々から流れてくる清らかな水によって育まれた米は、全国食味ランキングでたびたび「特A」の評価を受けるほどの名品となっている。それが”丹後産コシヒカリ”だ。丹後産コシヒカリは、甘みと粘りにすぐれ、米本来の旨みをしっかりと味わえる。自然が豊かな丹後地方ならではの味わいを楽しんで欲しい。

PAGE TOP