きょうみそ|京都府

京味噌

京都の王朝文化から産まれた白味噌は京料理に欠かせない調味料

概要

白味噌である京味噌は、御所の有識料理、茶事の懐石、禅寺の精進料理の系譜が渾然一体となった京料理には欠かせない調味料のひとつ。京都は、1200年以上もの間、政治・経済・文化の中心地と栄えたが、その文化と伝統の中から、米の麹をたっぷりと使い、甘口で薄塩の風雅な味わいの白味噌が生まれたとされる。その後、明治維新により都が江戸へ遷都され「東京」となり、京都をそれに対し「西京」とも呼んだことから、京都に生まれた「京味噌」の中でも、特に京都の白味噌は「西京味噌」といわれるようになり、今日に至っている。

基本情報

ジャンル お土産
地域 京都府京都伏見・山科嵐山・高雄祇園・東山貴船・鞍馬・大原京都御所・西陣・北野京都駅・河原町宇治亀岡・丹波・福知山舞鶴・宮津・京丹後長岡京・八幡京田辺・木津川
別名 白味噌、西京味噌
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP