きょうやさい|京都府

京野菜

菜食中心の宮廷料理など独特の食文化が生み出した、京の伝統野菜

概要

京都は海からも遠く、菜食中心の宮廷料理や精進料理に使うためには良質な野菜が古くから求められてきた。京都独特の気候風土と、農家の努力により京野菜は誕生した。京野菜は多種あるが、「京の伝統野菜」として定義づけられた「伝統野菜」が35種類、「伝統野菜に準じる野菜」が3種類、現存しない2種類で合計40種類。また、この伝統野菜を中心にみず菜や壬生菜のような一定量の生産があるものを「京のブランド産品」として認証、野菜で14品目(果実や豆類を含めた全体では21品目)あり、厳格な審査のもと産地限定で生産している。

PAGE TOP