しょうごいんかぶ|京都府

聖護院かぶ

京の名産「千枚漬け」の材料として有名な、日本最大級のかぶ

概要

「聖護院かぶ」は、2kgから5kgにもなる日本最大級のかぶで、「千枚漬け」の原料として有名な京の伝統野菜。享年年間(1716~1736)に現在の左京区聖護院の篤農家が、近江国堅田地方(現在の大津市堅田)から持ち帰った種子を栽培したのが始まりで、その後、改良され現在のかぶになったといわれる。以降、京都市左京区の聖護院地区を中心に栽培されていたが、 現在は主に亀岡市篠町で多く作られる。当地独特の深い朝霧と、昼夜の大きな温度差が、美味なる「聖護院かぶ」を育るという。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 京都府京都伏見・山科嵐山・高雄祇園・東山貴船・鞍馬・大原京都御所・西陣・北野京都駅・河原町宇治亀岡・丹波・福知山舞鶴・宮津・京丹後長岡京・八幡京田辺・木津川
1月 2月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP