ゆでまんじゅう(ゆでまん)|茨城県

ゆで饅頭(ゆでまん)

大福のようなもっちりとした食感がたまらない、手作りの職人の味

概要

もちもちとした生地が特徴的な結城名物“ゆで饅頭”の歴史は古く、江戸末期に流行り病が蔓延した際、当時の殿様が病払いに民衆にふるまったのが始まりだと言われている。今日でも浦町の健田須賀神社の夏の大祭の日には、各家庭でお供えし、無病息災と五穀豊穣を願う習わしがある。その名の通り、かつては釜でゆで上げて製造していたが、現在では強い蒸気で一気に蒸し上げる製法を用いている。それにより、釜ゆでより食感がよく、風味も損なわずに仕上げられるようになった。シンプルな製法だけに職人の技術が光る伝統銘菓だ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 茨城県つくば・土浦
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP