いぶきだいこん|滋賀県

伊吹だいこん

美しい色彩と辛味が特徴。自家用として栽培されてきた幻の大根。

概要

滋賀県の北東部、伊吹山のふもとで、「峠のだいこん」として自家採取により古くから栽培されてきた伝統野菜。姉川の川沿いの丘陵地帯が主な産地だ。15cmから25cmほどの小型の大根で、尻づまり型をしている。最大の特徴は、茎の部分が少し紫色を帯びた美しい色をしていること。近年、独特の形や色、辛みから「まぼろしの伊吹ダイコン」として注目を浴びている。8月下旬に種をまき、10月下旬から収穫。寒さに強く、厳寒期も問題なく生育する。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 滋賀県大津・比叡山長浜・米原彦根・近江八幡信楽・甲賀
1月 2月 3月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP