しもだなす|滋賀県

下田なす

アクが少なく甘みを感じる夏野菜!漬け物にして召し上がれ

概要

”下田なす”は、滋賀県の南西部下田地区で明治時代以前より栽培されている野菜のひとつ。一般的ななすに比べて小ぶりで形は卵形。皮が薄く、水分豊富でやわらかな実が特徴。色はやや薄く、ガクのところはほんのりと緑がかった白。下田地区の人にとっては、普通のなすの色の濃さに違和感を感じるという話も。アクが少なく甘みがあり、生でも食べやすいことから、浅漬けやぬか漬けなど、漬け物にされることが多い。天ぷらもおすすめ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 滋賀県彦根・近江八幡
7月 8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP