あいがな|滋賀県

鮎河菜

茎の甘みが魅力!春の訪れを感じさせてくれる食材

概要

甲賀市土山町鮎河集落でのみで栽培される、「鮎河菜」。そのはじまりは、平安時代とも言われるほど古い歴史を持ち、他の地区では葉の色や形が変わってしまい育たないと言われている。3月中旬から4月上旬頃、市場に出回り、春の訪れを感じさせてくれる野菜のひとつ。菜の花同様、アブラナ科の野菜で、つぼみと葉の部分を食す。茎の部分は特に甘く、生でも食べられるほど。地元では、塩漬けにしたり、おひたし、炒め物にしていただく。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 滋賀県信楽・甲賀
3月 4月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP