かさまめいぶついなりずし|茨城県

笠間名物いなり寿司

揚げに染み込む甘い汁と蕎麦が相性ピッタリの蕎麦いなり寿司

概要

日本三大稲荷・笠間稲荷神社がある笠間の名物は何と言ってもいなり寿司。古来より初午の日には、お稲荷さまの使者であるキツネの好物の油揚げやいなり寿司をお供えし、五穀豊穣の祈願する慣わしがあったとされている。神社付近には参道を中心にいなり寿司を取り扱う店が多く軒を連ねており、酢飯にクルミや胡麻、笠間の名産である舞茸を入れたものなど、その種類は多様で味にもそれぞれ個性がある。酢飯の代わりに蕎麦を詰めた蕎麦いなり寿司もあり、他ではなかなかお目にかかれない一品だ。
また、平成18年より、いなり寿司を通して歴史と芸術のまち笠間を全国にPR活動を行う「笠間のいなり寿司いな吉会」が結成する。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 茨城県水戸周辺
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP