かこのもち|兵庫県

鹿児のもち

白く透き通ったもちはしっとりとして柔らかい独特の食感

概要

その名前は播磨国風土記に登場する加古川の古名「鹿児」に由来する。「鹿児」の地名は、景行天皇が氷の丘(現在の日岡山)から眺めた加古川河口の大洲が鹿の子のように見えたことから、とされ、俵形のもちの中央に一筋の線を浮き上がらせて子鹿の背中が表現されている。もちの絶妙の腰や粘りを出すために、空気の混ぜ込み方や量、材料の配合にも気を配り、もち粉には厳選されたもち米、水は井戸水、砂糖はもちに溶けやすい高純度のものを使用している。ほおばると口の中でとろけてあっさりとした甘さと上品な風味が広がる。

基本情報

ジャンル お土産
地域 兵庫県神戸・有馬(有馬温泉)淡路島姫路・赤穂宝塚・尼崎・西宮丹波篠山城崎・出石・湯村温泉明石・加古川
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP