いがぎゅう|三重県

伊賀牛

昔ながらの飼料がおいしさの秘訣!伊賀が誇る稀少な美味

概要

明治38年に金谷清三郎が伊賀から東京へ肉牛を初出荷したのをきっかけに、全国に名が広まった“伊賀牛”。伊賀牛という称号は、黒毛和種の処女牛にのみに与えられ、その希少価値は高い。寒暖の差が激しい気候と豊か自然が、芳醇な香りとコク、やわらかな肉質を持つ伊賀牛を育てるという。自然のなかでのびのびと育てるため、サシが少なく、肉本来の旨みをヘルシーに楽しめるのも特長。昔ながらの穀物や稲わらを食べていることも、伊賀牛がおいしい理由だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 三重県伊賀
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP