みえけんのさざえ|三重県

三重県のさざえ

磯の香りが食欲を刺激する…内臓のほろ苦さは大人の味

概要

表面に何本もツノが出ているサザエは、主に外海で育ったもの。しかし、「丸腰サザエ」と呼ばれる角がなくツルッとした内海育ちの種類もある。伊勢志摩では角のある外海のサザエが多く、鳥羽離島地域では6~9月にかけて、南鳥羽では11~12月にかけて、主に海女漁で獲るが、伊勢えびを獲る刺し網にもよくかかる。刺身や壺焼きなどで磯の香りをダイレクトに食するのがお薦め。熱々を頬張るとほろ苦さと共に海の恵みを堪能できる。内臓のしっぽの色がクリーム色なら雄、緑色なら雌である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 三重県津・松阪伊賀尾鷲・熊野伊勢・志摩・鳥羽四日市・桑名・鈴鹿
6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP