いせちゃ|三重県

伊勢茶

全国上位の特産品。日本人ならではの香りと味わいに癒されて

概要

三重県は、お茶の栽培面積・生産量・生産額が、静岡県、鹿児島県に次いで多く、特にテアニンを多く含んだ「かぶせ茶」の生産量は全国1位で、三重県全体の生産量の約3割を占めている。「かぶせ茶」は北勢地域で多く生産され、その名の通り黒いネットなどで茶の樹を覆い、直射日光を遮って育てる。柔らかく渋みが抑えられた茶葉で、旨み成分が多くまろやか。玉露と同じ栽培法だが、覆う期間は短めである。その他にも、「煎茶」や煎茶の倍以上蒸して作る「深蒸し茶」が多く生産されている。

基本情報

ジャンル お土産
地域 三重県津・松阪伊賀尾鷲・熊野伊勢・志摩・鳥羽四日市・桑名・鈴鹿
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP