わかやまけんのくじら|和歌山県

和歌山県のくじら

低カロリーで低脂肪、そして美味しい。三拍子揃ったくじらの肉

概要

和歌山県太地町は、古式捕鯨発祥の地として名高く、1606年にこの地の豪族・和田頼元が組織的な捕鯨を始めたとされている。古くから日本人に食べられてきたくじらも、現在では貴重な食材となっているが、低カロリーで低脂肪、さっぱりとして美味しいということから再び注目を集めている。食べ方には色々あるが、地元のお勧めはくじらの肉と皮(脂部分)を薄く切り、合わせて頂くお刺身。生姜醤油で頂くのが定番だが、地元熊野地方では、ほんのり柚の香りがする、柚ポン酢で頂くこともある。その他、竜田揚げやハリハリ鍋なども絶品。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 和歌山県白浜・那智勝浦・串本
9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP