しもつかれ|栃木県

しもつかれ

無病息災の行事食。「しもつかれ」を食べ歩いて健康に!

概要

鮭の頭、煎った大豆、鬼おろしでおろした大根、にんじん、油揚げなどの材料を鍋で煮込んだものに酒粕を手でちぎり入れ、最後に味を調えて作られる料理。栄養豊富な保存食として、また旧暦2月の初牛の日に稲荷神社に赤飯と共に供えられ、無病息災を祈ることでも知られている行事食。発祥は定かではないが鎌倉初期から作られていたとも言われる。現在でも栃木県の飲食店や各家庭で作られている料理で、「七軒の家のしもつかれを食べると病気にならない」という言い伝えも残る。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 栃木県佐野・足利宇都宮日光・鬼怒川那須・塩原益子・真岡小山・栃木市那須烏山・那珂川
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP