しもつかれ|栃木県

しもつかれ

無病息災の行事食。「しもつかれ」を食べ歩いて健康に!

概要

ダイコンとニンジンを粗くおろし、ダイズや塩鮭の頭を入れて酒かすで煮た料理。
大豆は節分のものを、塩鮭の頭は正月のもの保存して利用する。

【歴史・由来】
初午(節分の後、最初の午の日)に作る栃木県の代表的な郷土料理で、無病息災を祈って赤飯とともに稲荷神社にお供えする。7軒の家のしもつかれを食べると病気にならないといわれている。

【食べるシーン】
初午の日に赤飯とともにお稲荷様に供え、冬の日常食のおかずとしても食べる。

【作り方】
・ダイコン、ニンジンを粗くおろす。
・ダイズ、サケの頭、油揚げなどと煮込む。
・塩、しょうゆ、酒かすで味を調える。

【提供店】
2月頃、県内の居酒屋等でお通しとして提供される事がある。

【豆知識】
ダイコンとニンジンは「鬼おろし」という竹製また木製で目の粗いおろし器を用いておろす。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 栃木県佐野・足利宇都宮日光・鬼怒川那須・塩原益子・真岡小山・栃木市那須烏山・那珂川
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP