きしゅううすい|和歌山県

紀州うすい

甘くてホクホクの春えんどうは香りもふくよか

概要

“紀州うすい”は和歌山が本場で生産量は日本一。明治時代にアメリカ原産のえんどう豆を大阪の碓井(うすい)地区で栽培したものが始まりと言われる。実が大粒で、ほのかな甘さとホクホクとした食感が特徴。その独特の風味は、豆の甘味と相まって豆ご飯にも相性抜群。栄養価が高く、たんぱく質をはじめ、βカロテン、ビタミンB1・B2・Cを多く含み、カリウムや食物繊維、鉄分も豊富に含まれている。また、オレイン酸やリノレン酸などの不飽和脂肪酸も多く、血液をサラサラにしたり、血中コレステロール値を下げる働きが期待できる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 和歌山県和歌山市周辺有田・御坊高野山・九度山白浜・那智勝浦・串本
3月 4月 5月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP