ゆらさつきはっさく|和歌山県

ゆらさつき八朔

長期に樹上で実をつけて完熟させることで抜群の美味しさに

概要

和歌山県の中央西海岸に面した由良町で生産される八朔は、温暖な無霜地域を利用した独自の栽培方法によって樹上に実をつけたまま越冬させる。3月下旬頃まで成らせたものは「木成り八朔」、3月下旬以降のものは「さつき八朔」と言われる。基本的な味わいは変わらないが、さつき八朔の方がより糖度が高く味が濃厚。手に持つとズッシリと重く、中の薄皮を剥くと瑞々しい果肉が姿を現す。プリプリの果肉はとてもジューシーで、酸味が程よく苦味も少ない。八朔らしい爽やかな風味の中にしっかりとした甘味が感じられる逸品。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 和歌山県有田・御坊
4月 5月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP