おおのせとのあなご|広島県

大野瀬戸のあなご

豊かな広島の磯で元気に育ち、脂ののった身肉が舌を唸らせる

概要

広島県は、尾道、広島、廿日市など良質のあなごが捕れる漁場が集中しており、特に廿日市市大野瀬戸でとれるあなごは、潮流が速いため味が良いとされ「瀬戸のあなご」と称されている。梅雨どきから盛夏にかけてと、1~2月にかけての寒の時期が旬。海底が柔らかくて住み心地が良く、餌が豊富な広島湾は、あなごの成育に適した環境であり、他の海域に比べ約半分の期間で立派に成長すると言われる。特に、稚魚から約1年半という短期間で成長した若いあなごは骨、皮、身すべてが柔らかく、別名「金色あなご」と呼ばれる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 広島県宮島・広島市三次・世羅・庄原福山・鞆の浦呉・江田島尾道・因島・しまなみ海道竹原・三原
1月 2月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP