ひろしまけんのあゆ|広島県

広島県のあゆ

美味しそうな焼き色と香ばしい香りが正に垂涎モノの塩焼きは絶品

概要

三次に夏の訪れを告げるのが鵜飼なら、三次の夏の味覚として欠かせないのが、爽やかな初夏を代表する川魚“あゆ”。上品な香りと味が魅力で、優美な姿と相まって「香魚」と書くこともある。鮎には、金口鮎、銀口鮎、鉄口鮎の三種類があり、河内町を流れる沼田川の鮎は、全国でも稀な金口鮎。6月の若鮎から始まって、10月中旬の落ち鮎まで、その味が楽しめる。特に鮎の腹にオカラを詰めた「鮎ずし」は、歴史も古く、絶品。酒の肴にはもってこいの珍味「鮎うるか」も捨てがたい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 広島県宮島・広島市三次・世羅・庄原福山・鞆の浦呉・江田島尾道・因島・しまなみ海道竹原・三原
6月 7月 8月 9月 10月
住所 広島県広島県_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP