ひろしまけんのみかん|広島県

広島県のみかん

温暖な瀬戸内海に降り注ぐ太陽のエネルギーが一粒一粒に凝縮

概要

広島みかんは、県内の沿岸島しょ部で栽培されており、10月下旬頃から山の斜面はみかんでオレンジ色に彩られる。近年では「いしじの匠」(呉市倉橋町、蒲刈町、下蒲刈町)、「石積みかん」(呉市豊町、豊浜町、大崎上島町)、「自然熟」(尾道市瀬戸田町)などのプライベートブランド名で、特に品質管理を徹底した高品質みかんが出荷されている。また、降り注ぐ太陽をたっぷりと受けた、甘くて美味しい江田島のみかんも人気が高い。ちなみに、日本で多く食べられている種なしみかんは中国渡来のみかんの木の突然変異で日本独特のもの。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 広島県宮島・広島市三次・世羅・庄原福山・鞆の浦呉・江田島尾道・因島・しまなみ海道竹原・三原
1月 2月 9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP