ほんばかわちとくさん/ひろしまなづけ|広島県

本場川内特産/広島菜漬

シャキシャキとした心地よい歯応えと独特の辛味でご飯が進む!

概要

信州の「野沢菜」、九州の「高菜」と合わせて日本三大菜漬と称されている広島の“広島菜漬”。平安時代末期、平清盛が安芸厳島に在った時に食されたと伝えられ、明治以降に「広島菜」と呼ばれるようになって以来、広島を代表する名産として多くの人々に親しまれている。鮮やかな緑色と独特の辛み、シャリッとした歯ごたえが特徴。栄養価も緑黄色野菜として高く、ビタミン類や食物繊維も豊富。程よい塩味が炊き立てのご飯にぴったり。かつお節と和えたり、そのまま酒の肴にしても美味しそう。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 広島県宮島・広島市三次・世羅・庄原福山・鞆の浦呉・江田島尾道・因島・しまなみ海道竹原・三原
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP