ともほうめいしゅ|広島県

鞆保命酒

16種類の生薬を漬け込んだまろやかな味わいの薬酒

概要

1659年に大阪の漢方医だった中村吉右衛が瀬戸内海の真ん中にある鞆の浦に移り、16種類の生薬を漬け込んで作った薬酒。清酒などと違い、もち米に麹を加えてさらに焼酎を加え、そこへ16種類の薬味を漬け込み、その有用成分を損なわないように時間をかけてゆっくりと抽出して製造される。酒に含まれるアルコールと抽出された成分によって体が温まり、滋養成分が早く体に吸収される。1回の飲用量は約20~30ml程度、これを1日に数回ロックや水割り、炭酸割り、ウーロン茶割りなどで飲用するのが適正とのことだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 広島県福山・鞆の浦
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP