おかやまはくとう|岡山県

岡山白桃

大切に育てられた気品漂う白さが特徴。贈り物にも最適な果実

概要

岡山県の桃の中でも最も広く作られているのは「白桃」。白桃は上海水蜜を改良し、明治34年に誕生した品種で、ほかの生産地では見られない白さときめ細やかさ、口あたりで岡山の名産になった。一番の特長は、その上品なまでの白さ。この白さの秘密は、岡山ならではの袋掛栽培である。太陽の光を直接浴びない桃は赤く色づかず、透き通るように白くてなめらかな口あたりとなる。また、桃を傷つける風や雨、虫などからも桃を守り、より美しい桃が育つ。旬は7月中旬~8月中旬。「日川白鳳」「はなよめ」「白鳳」「清水白桃」等がある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岡山県倉敷津山・美作蒜山・湯原温泉岡山市・牛窓・備前
7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP