びぜんくろかわかぼちゃ|岡山県

備前黒皮かぼちゃ

粘質で食味が良く、調理した外観が綺麗な日本を代表する品種

概要

日本かぼちゃの代表品種で、昭和初期に「備前黒皮かぼちゃ」として栽培が始まり、同25年頃に最盛期を迎えた。 現在では、牛窓町で主に自家消費用として栽培しているのみだが、一部は地元青空市や商人へ出荷されている。 肉質はやや粗いが、粘質で食味は良く、調理した外観がきれいで味付けしやすいことから、日本料理には欠かせないといわれている。西洋種がほとんどを占める現在では、日本かぼちゃの代表として大変貴重な品種である。旬は7月~8月。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岡山県岡山市・牛窓・備前
7月 8月
住所 岡山県瀬戸内市
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP