うに|山口県

ウニ

ふぐ、くじらと並ぶ山口県を代表する水産品で、日本三大珍味のひとつ

概要

三方を海に囲まれた山口県は上質のうにの宝庫で、ふぐ、くじらと並ぶ県を代表する水産品だ。明治初期、下関の六連島(むつれじま)で長期保存ができるアルコール漬けの?うにのビン詰め?が考案されると、またたくまに全国に広まり、からすみ、このわたとともに日本三大珍味に数えられるようになった。現在は、塩加減やアルコール濃度など異なったうにをブレンドすることで、同じビン詰でもさまざまな風味が楽しめる。 平成18年には、その加工技術が認められ、地域団体商標として「下関うに」「北浦うに」が登録された。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県山口市・宇部下関・角島萩・長門岩国・周防大島
1月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP