まだい|山口県

まだい

姿、形、色彩、味の良さは抜群!縁起物としてもお馴染み!

概要

旬となる4月、桜の咲く時期のまだいは、産卵を控え身に脂が乗って美味しく、色も美しいことから「桜鯛(さくらだい)」と呼ばれている。特に太平洋から鳴門海峡、明石海峡、関門海峡の激流にもまれて瀬戸内海に入り込んだものが一級品といわれる。山口県では瀬戸内海側、日本海側ともまだいの好漁場が多くあり、特に一本釣の好漁場として知られるのが、潮の流れの速い瀬戸内海東部の「大畠の瀬戸」など。新鮮なまだいが手に入ったら刺身が一番だが、蒸し物、煮物など和洋を問わず様々に味わうことができる。大型の鯛は祝い鯛としても。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県山口市・宇部下関・角島萩・長門岩国・周防大島
4月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP