すおうせとのたちうお|山口県

周防瀬戸のたちうお

曳き縄釣り漁業で一尾づつ丁寧に漁獲された張りのある太刀魚

概要

銀箔のような艶やかな光沢があり、細長い体型が特徴の太刀魚。体型や色などが刀や剣に似ていることから「太刀魚」、また、頭を上にして体をくねらせながら泳ぐことから「立ち魚(たちうお)」、となったという説がある。血液中のコレステロール値を改善する脂肪酸や、カルシウムなどの吸収を助けるビタミンDを含んでいるなど、味だけでなく健康面でも優秀。照焼きや南蛮漬けなどの和風から、フライやムニエルなどの洋風まで幅広い料理に適応できる。太刀魚が新鮮なら刺身もお勧め。両あごに鋭い歯があるので取り扱いには注意して。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県山口市・宇部下関・角島萩・長門岩国・周防大島
8月 9月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP