しものせきのあんこう|山口県

下関のあんこう

冬鍋の王様・アンコウは下関漁港が日本でも屈指の水揚げ量!

概要

アンコウの水揚げが日本でも屈指の下関漁港。旬は冬で、寒くなると、海のフォアグラとよばれる“肝”が肥大し、身にもほどよく脂が回っておいしくなる。見た目はコワモテだが、中身はコラーゲン、ビタミンE・D・Aなども豊富。食べ方は、アンコウの7つ道具「肝、胃袋、皮、エラ、ヒレ、卵巣、身」と野菜を使ったアンコウ鍋が定番。中でも肝は「アン肝」と呼ばれ、一番おいしいと評判。下関市内では様々な創作料理を食べることもでき、アン肝は蒸したあと、冷やして薄切りにし、ポン酢で食べると美味。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県下関・角島
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP