かきちしゃ|山口県

かきチシャ

ちょっぴりほろ苦いのが魅力。肉や魚に巻いて食べるのもおすすめ

概要

俳人・種田山頭火も愛したと言われる下関産の伝統野菜。開いた外側の葉から掻き取って収穫するため、“「かき」チシャ”と名付けられた。季節によって葉の色が異なり、霜がふると赤く色付く。シャキッとした歯応えとほろ苦い味わいが特徴だ。赤チシャ、青チシャなど地域によって様々な種類があり、かつては山口県のあちこちで栽培され、家庭の味として親しまれてきた。かきチシャをちぎって酢みそやゴマなどで和える「チシャもみ」は、甘酸っぱいタレとかきチシャの苦味が絶妙に合わさった伝統料理。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県下関・角島
1月 2月 3月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP