はぎたまげなす|山口県

萩たまげなす

大きさにびっくり?!美味しさに納得の県オリジナル野菜

概要

品種名は「田屋なす」で、山口県長門市田屋地区を中心に栽培されていた山口県伝統野菜。特に重さ500g以上で品質の良い果実を『萩たまげなす』として販売。普通のなすの3~4本分にもなるその大きさから、「たまげる(びっくりする)」という意味で名付けられた。山口県のオリジナル野菜として注目されている。皮は薄く、実は柔らか。とろけるような食感が特徴。収穫は5月下旬から7月中旬まで。1番成りのなすが、地面まで届いた後、さらに成長して地面を押し割る様子を、地元では「地割り」と呼んでいる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県萩・長門
5月 6月 7月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP