せんごくだいだいこん|山口県

千石台だいこん

生でも煮物にしても美味!肥沃な大地が育てた豊な甘みが自慢

概要

奈良時代以前に中国から伝わった野菜、ダイコン。山口県で生産されるダイコンの多くは、萩市千石台で作られ、『千石台ダイコン』 または、『(まるせん)ダイコン』という名で親しまれている。萩市むつみ地区の山間部に位置する千石台は、肥沃な黒ぼく土と、冷涼な気候でダイコン作りに適した県内最大のダイコン産地。出荷時期は5月下旬から12月上旬。品種は病気に強い「青首ダイコン」。肉質は柔らかく甘みがあることから、そのまま生で食べても、煮物にしても美味。生産者の全組合員がエコファーマー認定を受けている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県萩・長門
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP