しろおくら|山口県

白おくら

珍しい「白い」おくらは山口オリジナルの野菜。栄養も豊富!

概要

乳白色が特徴の山口県のオリジナル野菜。粘りが強くアクも少ないので生食できることから「サラダおくら」とも呼ばれる。約50年前に海外から持ち帰られたという説もあるが、詳しい来歴は不明。主に7~10月頃が収穫期だが、大きくなりすぎると硬くなるので長さ10cmぐらいまでに収穫される。粘りのある納豆、モロヘイヤ、山芋などと一緒に料理すると美味しい。夏バテ対策にもおすすめ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県山口市・宇部下関・角島萩・長門岩国・周防大島
7月 8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP