ながとゆずきち|山口県

長門ゆずきち

爽やかな香りとまろやかな酸味。外皮の緑が美しい伝統果樹

概要

旧田万川町(現萩市)原産の香酸柑橘(食酢用柑橘)で、山口県の伝統果樹。本格的に栽培されたのは昭和40年頃。同一種と考えられていた「柚吉(宇樹橘)」との違いが鑑定で明らかになり、『長門ゆずきち』と名付けられた。カボスやスダチの仲間で、ゴルフボールよりやや大きく、青々とした美しい緑色の果実。爽やかな香りとまろやかな酸味があり、果汁がたくさん絞れるのが特徴。収穫時期はカボスやスダチよりも早く始まり、8月中旬~10月中旬まで。盛夏から初秋にかけて爽やかな香りで食卓を彩っている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県萩・長門
8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP