やまぐちけんのさいじょうがき|山口県

山口県の西条柿

江戸時代、殿様にも献上された橙色の艶やかな果実

概要

日本の果物の中でも古い歴史をもつ柿。大きく分けて甘柿と渋柿がある。山口県のほぼ全域で栽培されている渋柿の「西条柿」は、古くから中国地方に広く分布している代表的な品種。その栽培歴史は古く、西暦1000年頃から広島県を中心に栽培が始まったとされている。県内では200年以上の古木が多く、萩市では殿様に献上されたとされ、江戸時代には既に県内で栽培が行われていたと考えられている。西条柿の中でも、秋吉台周辺で栽培されている「みとう西条柿」と呼ばれ、味が良いことで好評。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県山口市・宇部下関・角島萩・長門岩国・周防大島
10月
住所 山口県山口県_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP