けんらんぎゅう|山口県

見蘭牛

天然記念物”見島牛”の自然な霜降りと濃い旨みを引き継ぐ

概要

”見蘭牛”は、純粋和牛の見島牛と乳牛のホルスタインを掛け合わせて誕生した。見島牛は、朝鮮半島から萩の見島に渡来し、室町時代から飼育されていた純粋和牛で、昭和3年に天然記念物に指定されている。見島牛は、海外の様々な大型品種との交配が進められていたが、昭和49年にオランダ原産のホルスタインを母とした見蘭牛が名古屋大学で誕生した。和牛本来の自然な霜降りを持つ見島牛の特徴と、和牛原種の濃い旨みを引き継ぎ、ほどよいやわらかさと、しっかりとした食感をあわせ持っている。肉本来の旨みが楽しめる萩の特産だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県山口市・宇部下関・角島萩・長門岩国・周防大島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP