じんだみそ|山口県

糂汰味噌

潮流の速い海で育ったメバルが主役。味噌とネギが香ばしい

概要

糂汰味噌は瀬戸内海で三番目に大きな周防大島の郷土料理。潮流の速い海でとれる”春告魚”と呼ばれるメバルと、麦味噌を合わせて作る。まず、メバルを焼いて骨を除き、皮付きのまま身をほぐす。そこに、麦味噌やみりん、酢などの調味料を混ぜる。魚の旨みと味噌の香ばしさが一体となった風味が食欲がくすぐる。食べ方は、あったかい御飯に糂汰味噌とねぎを添えて、熱いお茶を注ぐ”糂汰汁”が一般的。昔ながらの懐かしい味。島のお年寄りが子どもの頃は、カレーライスや卵かけご飯の感覚で親しまれていた。

基本情報

ジャンル お土産
地域 山口県岩国・周防大島
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP