しまねわぎゅう|島根県

しまね和牛

きめ細やかな霜降りがコク深い、素畜としても供給されていた高級牛

概要

「やまたのおろち」伝説で知られる奥出雲斐伊川流域が”しまね和牛”の故郷。かつては、子牛を他の産地へ「素畜(肉牛にする子牛)」として供給していた。しまね和牛とは、県内で生産肥育されて「島根県食肉公社」へ出荷された黒毛和牛のことで、「日本食肉格付協会」の肉質基準が「A4」「B4」以上のもの。きめ細やかさが鮮やかな霜降りはコク深く、普通の肉に比べて強い風味が持続する。しまね和牛のなかでも、仁多郡、雲南市、飯石郡でうまれた子牛を、直営牧場で指定された飼料を与えて育てたものは”奥出雲牛”と呼ばれる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 島根県出雲・石見銀山
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP