なすのすいとん|栃木県

那須のすいとん

那須産食材で彩る、もちもちジューシーなB級グルメ

概要

那須の高原野菜、栃木しゃも、栃木和牛など那須産食材で作られる、那須のB級グルメ。

【歴史・由来】
「那須の喰初(くいぞめ)すいとんのいわれ」
1820年頃に黒羽藩の大名、大関増業(ますなり)公の姫が、食欲が衰える病に伏した。治療の効果なく快復の見込めない状況に困り果てたある夜に「那須湯本の題目碑に祈祷せよ」とお告げがあった。「喰初庵」の日蓮上人の御題目に祈祷したところ、お供え物の米の団子を白湯に入れて食べたという、いわれが残る。

【食べるシーン】
ご飯の代わりに家庭の食卓で日常的に食べられている

【作り方】
那須産の食材と小麦粉を練った生地を出汁で煮込む。

【提供店】
那須のすいとん(お店一覧)※提供している季節は店ごとに違うので注意
http://www.shokokai.or.jp/09/nasu/suiton2017/suiton.html

【豆知識】
B級グルメとして近年登場し那須町商工会がPRをはじめた那須のすいとん。種類豊富な栃木県産の食材を用いて、各店舗によりアレンジされているのが特徴。醤油や味噌ベースをはじめ、牛乳やトマト仕立て、そばすいとんなど、ユニークな味わいも存在する。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 栃木県那須・塩原
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP