しろねぎ|鳥取県

白ねぎ

砂丘地帯で始まった白ねぎ栽培が県下全域に広がった

概要

日本で栽培されているねぎの原産はいろいろな説があるが、中国の西部という説が有力。日本へ伝わってきたのはかなり古く、すでに日本書記には「秋葱」という文字で残っている。ねぎは大きく分けて「葉ねぎ」と「白ねぎ」に分けられる。鳥取県では、弓浜半島の砂丘地帯で始まった白ねぎ栽培が水田転作等により県下全域に広がるとともに、作付時期や品種構成により、周年出荷の体制が確立した。鳥取の白ねぎは、冬の厳しい寒さを経て甘く仕上がり、高い評価を受けている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鳥取県鳥取市周辺米子・大山・境港倉吉・三朝
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP