はうすにじゅっせいきなし|鳥取県

ハウス二十世紀梨

ほどよい酸味と、上品な甘さ、旬の果汁がたっぷり!

概要

明治21年千葉県松戸市で当時13歳の少年によって偶然発見された「二十世紀梨」。この頃、梨といえば果皮が茶色の赤梨であったのに対し、「色は淡緑色でやわらかく、水分が多く口の中にいれるととけるような美味しい梨」として注目を集めた。その後「二十世紀には梨の王様になるだろう」と期待して二十世紀梨と名づけられ、まさにそうなったというもの。鳥取県には明治37年、わずか10本の苗木からスタートし、その後急斜面でも栽培可能となり昭和8年頃から急速に栽培面積がふえた。今では鳥取県を代表する果物となった。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鳥取県鳥取市周辺米子・大山・境港倉吉・三朝
8月 9月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP