かがわけんのきんときにんじん|香川県

香川県の金時ニンジン

おせち料理に欠かせない伝統の野菜。香川県が有数の産地

概要

西洋系のにんじんが主流の日本で、伝統の「金時ニンジン」は、唯一残っている東洋系。アフガニスタンをふるさとに持ち、江戸時代初期に中国から日本に入ってきたという歴史を持つ。先が細く、中長型で長さは30センチ前後。深い紅色をしており肉質は柔らかくて甘みが強く、にんじん臭さが少ないのが特徴だ。坂出市の「金時ニンジン」は、阪神市場に出荷され、有数の産地となっている。おせち料理や雑煮の具に欠かせない食材として、暮れには関東にも出回る。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 香川県丸亀・琴平・坂出
11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP