みやのもち|栃木県

宮の餅

明治時代に生まれた銘菓。求肥の柔らかな食感と素朴な甘さが◎

概要

明治42(1909)年、栃木県下に陸軍特別大演習が行われたときに創製された。「宮の餅」と命名して明治天皇に献上されたことで有名。その後、土産品として売り出したところ、各方面に認められ、各種博覧会等で賞牌などを受ける。また、栃木県や宇都宮市からも”優良みやげ品”として常に推奨を受けている。もち米や水あめ、グラニュー糖からつくる「求肥もち」の和菓子で、柔らかい口当たりと、素朴な甘さが口いっぱいに広がる。価格はリーズナブルで求めやすい。

基本情報

ジャンル お土産
地域 栃木県佐野・足利宇都宮日光・鬼怒川那須・塩原益子・真岡小山・栃木市那須烏山・那珂川
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP