あわびるいとこぶし|徳島県

アワビ類常節

県内で「流れ子」とも呼ばれるアワビのような貝

概要

常節(とこぶし)は、四国南東部、室戸阿南海岸国定公園内の海岸で水揚げされるアワビに似た貝。生物分類学上はアワビ類に属すが、アワビに比べて小型で、大きくなっても7センチ程度のため商品としては区別されており、アワビとは呼ばれない。県内では12月に解禁となり産卵前の8月中旬で終漁となる。それは岩の表面を流れるように這う様子から、県内では「流れ子」と呼ばれるそうだ。あわびに比べ小型なため、殻ごと煮付けたりそのまま焼いて食することが多い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 徳島県鳴門・徳島市周辺大歩危・小歩危・祖谷渓阿南・日和佐
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP