こうちけんのあゆ|高知県

高知県の鮎

郷愁を誘う古里の味覚。特有の香りとふっくらとした身が絶品

概要

高知を代表する清流・四万十川や安田川は、天然の鮎・あめご等に出会える希少な川魚の宝庫。なんといっても、一番おすすめの食べ方は、塩焼き。ふっくらとした身とほとばしる脂を味わうことができ、ワタの苦味もクセがなく食べやすい。漁の 解禁は夏から秋にかけて。鮎は、卵からふ化してすぐに川を下り、海へ入って越冬。翌年の春、再び川を遡って親となり、秋に産卵する。春から夏にかけて川を上るものは“上り鮎”、秋に産卵のために川を下るものは“落ち鮎”と呼ばれる。お土産には甘露煮や燻製が人気。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 高知県高知市周辺安芸・室戸・馬路村四万十川・足摺岬
6月 7月 8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP