いよかん|愛媛県

伊予かん

実は古くは山口県で栽培されていた、今や愛媛を代表するフルーツ

概要

みかんに並ぶ愛媛の名産フルーツである「伊予かん」は、その名前から愛媛原産と思われがちだが、じつは古くから山口県で栽培され、当時は「穴門みかん」と呼ばれていたそうだ。それが明治時代中期に愛媛県に移植され、愛媛でも多く栽培されるようになり、やがて「伊予(愛媛)」で多く栽培されることから、伊予かんと名づけられた。紅色の鮮やかさと光沢がすばらしく、口に入れると適度な甘みと酸味が広がる。選ぶときには、みずみずしくて香りがよいものや、実が柔らかいものが良い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛媛県松山・道後温泉今治新居浜・西条・石鎚山宇和島・大洲
2月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP